Back to Top

aherugaheruigha占いをする人はすべてといっていいほど当たる占いを求めています。

言葉を返せば、当たらない占いは必要ないともいえるかもしれません。

したがって、当たる占いは人気が出て口コミでも評判となるのでさらに人気が高まるという相乗効果を生み出すに違いありません。

ただ、このことはある誤解を生みやすいともいえます。

それは人々が、占いは当たって当然という考えを持ちがちであるという点です。

能力的に優れた人、生まれながらに占いの能力の備わっている人などなら努力なしに当たる占いを行なうのかもしれません。

しかしすべての占い師がそんな能力を持ち合わせているわけではありませんから、自分の占いが当たるようにといろいろ努力をしている占い師も少なくないことでしょう。

とはいえ、勉強が足りなかったり経験が少なかったりすると、満足な占いの結果を導き出すことが難しいこともあります。

また、解釈の方法が違ったり相手への伝え方がまずかったりして誤解されたりすることもあるでしょう。

そもそも占いというのは非常に主観的なものなので、同じ結果でも人によって受け取り方が異なるという点も挙げられます。

結果が同じでも完全に一致していないと当たったと思わない人もいれば、何となく合っていれば当たったと思う人もいます。

そして自分の期待した内容通りの結果なら、少々違っていても「当たった」と感じやすいものです。

さらに、占い師を信用していれば当たったと信じやすく、信用していなければ当たらないと考える傾向にあります。

つまり、占いにおいて「当たる」「当たらない」というのはそれぞれの感じ方なのかもしれません。

ですから、あまり「当たる」「当たらない」にこだわり過ぎるのはどうかと思いますよ。

考え次第では当たる占いになる

aoierghauwrhuag占いにはいろいろな種類がありますよね。

そしてそのほとんどが「当たる」ことをアピールしています。

それはもちろん占なってもらう人が「当たる」占いを希望しているからです。

占いをしてもらう時というのは誰かに頼りたい、何かにすがりたいという思いが強いときですから、当たるといわれる占いでいい鑑定結果が出ると自信につながることでしょう。

迷ったり悩んでいるときは、自信はより大きな力となります。

つまり、占いは当たることによりその人を勇気づけ、そしていい結果を導き出すことに繋がるのです。

したがって、やはり占いにおいて「当たる」という点は非常に重要だといえるでしょう。

たとえば相性占いの場合、お互いの生年月日や血液型、星座などの情報が必要となることが多いのですが、これらがなければ占うことが難しくなってしまいます。

また、こういった情報が多ければ多いほど精度の高い占い結果になることも多いのです。

そのうえで、占い師からいろいろなアドバイスや指南を受けることもあります。

それらにしっかりと注意しながら行動することで、良い結果になることでしょう。

もし占ってもらった時点ではあまりよい内容でなかったとしても、アドバイスに従って行動することで運気がアップして自分の思うような結果になることもあり得るかもしれません。

当たるか当たらないかは占い師の力量でもあるのですが、占ってもらった人自身が生み出す結果でもあるのです。

占いは結論だけにこだわるのではなく、アドバイスのほうが大切との認識を持つ事も必要です。

思わしくない鑑定結果だったとしても占いの結果だけに囚われていては、肝心の将来を見過ごすことにもなりかねません。

その結果をどう解釈して自分に取り入れることができるのかが重要なポイントなのです。